風水で
一般住宅
マンション建設
古民家再生
店舗工事
ビル建設

24時間365日対面鑑定をしています、お早目のご解決を御提案いたします

風水鑑定料金 180分36000円
(延長は30分6000円)

風水リフォーム及び風水新築工事は
総工費の10%

家具風水は総工費の5%~10%

風水鑑定 36000円 180分 延長は30分6000円
風水建築
施工費×10%
設計図面別途
風水改装
施工費×10%
設計図面別途
風水店舗
施工費×10%
設計図面別途
家具風水
施工費×10%
設計図面別途
家具風水
施工費× 5%
風水建築と一緒の場合

【出張による風水鑑定の流れ】

スタート

お見積もり

24時間以内に概算見積書を送信します。

お振込み

ご納得頂けましたらお振込みをお願いいたします。
お振込み手数料はご負担ください。
キャンセルの場合、三日前までは、
お振込手数料を引いた分を、
返金可能させて頂きますのでご安心下さい。

鑑定

お約束した日時にお伺いいたします。

【お見積もりの一例】

出張による風水鑑定の一例

こちらのお客様は2週間前に
対面鑑定にお越し頂いておりましたので、
当日の鑑定は40分位となっており、
短い鑑定時間の提案になっています。
通常は2時間程の鑑定になります。


①出張費 
往復2時間で計算
2時間×12000円(通常鑑定時給)=24000円
移動時間+移動準備時間+
+想定外の出来事に対する時間(渋滞や事故など)


②交通費
タクシー片道6850円×2=13700円
移動距離22km
移動時間33分
※日本交通株式会社の
タクシー料金検索サイトにて計算
※大正区北恩加島1-10-14→
→松原市○○○町○○丁目


③鑑定料金
40分×200円=8000円
※前にお越し頂いたばかりですので、
基本の鑑定を終えているので、
長い時間の鑑定にはなりません。


④小計(①+②+③)
45700円


⑤税込合計
49356円
となります。
※追加料金は発生しません。


ご検討頂けましたら嬉しく思います。
詳細に霊視をしていく風水鑑定においては
事前準備をしていきますので、
入金確認後にご予約が確定となります。

お振込み後、すぐにキャンセルの場合は、
すぐに出金手続きをとらせて頂きます。
(振込手数料を引かせて頂きます。)

入金確認後、
出張する時までに、
お越しになられる時までに数日間あります。
光明先生が鑑定をしてはじめていた場合、
実費だけを頂きまして、
残金をお振込みさせて頂きます。

【振込先】

お問い合わせ時にお伝えいたします。

風水とは「場」の情報を読み取り
「環境」を整える哲学の一つで
簡単いうなら
「風」「水」「光」を
バランスよく使いこなす技術です。
人は生きている以上、生活環境に左右されます。
良い影響を及ぼす為に意図的に場を作りだすことです。
風水を言葉の響きから
単なる占いや迷信と思うのではなく
遺伝子(DNA)+環境(風水)が人の心を創り、
良い環境に暮らす事が出来れば
良い遺伝子のスイッチをオンにする事ができます。
そして自分の才能が開花して成功へと導く事ができます。
住環境やオフィスの環境を高める事で
経済力・人間性を高め、
良い人生を生きる事ができます。
環境が我々を形づくって
心の状態を決定し、自分の未来を
構築していきます。
住まい環境、
職場の環境が心身に与える影響は大きく
平安京・鎌倉幕府・江戸幕府等は
風水を用いて設計されている事は、
TVでもよく紹介されましたので、
ご存知の方も多い事と思います。
ラスベガスでは、
風水設計されたホテルは
人の出入りが多く活気に満ちており
ドイツでは国会議事堂が風水設計されております。
風水は香港やアメリカ・ヨーロッパ等では、
盛んに取り入れられているのです。
私達は、
住居やオフィス内の色彩・形態・素材・音・匂い・
配置・動線等の影響を無意識に受けています。
特に色は見る人の心や身体の状態を整えたり、
乱したりする力を持っています。
家庭内暴力や大人による児童虐待等が
マスコミでも取り上げられておりますが、
これらも優しい色合いを使ったり、
部屋を整理整頓してすっきりとさせる事で
アドレナリンやノルアドレナリンの分泌を抑制させて、
減らす事ができます。
精神病院の隔離室では全てクリアにする為に
床、壁、天井の色は真っ白です。
キッチンが狭すぎて料理がしづらいとか、
特に冬場など床が冷たくてイライラする
(昔から言われている頭寒足熱が心身共に落ちつく)等の
キッチンから来るストレスを減らす事で
母親が情緒不安定になるのを緩和させ、
短気になるのを減らす事が出来るのです。
又、「住まいは身体と対応しています」
我々の脳は寝ている間にも
空間の情報をキャッチしております。
寝ている時は身体も精神も無防備であり、
そこでの気の影響を強く受け、
生命情報が無意識の間にインプットされてしまいます。
寝室の生命場が乱れていれば、
寝ている間に乱れた情報が
全身に入り込んでしまいます。
ですから、どこで、どんな空間で、
どのような状態で寝ているかは大変重要な事なのです。
一般的な傾向として寝室の場の気が乱れていれば
不眠症や心臓病に罹りやすくなります。
心臓の具合が悪い場合、
特に「寝室」の状態を調整すと良いでしょう。
玄関は気の流入口ですから
人間活動の方向性・安定性に大きく影響します。
故に立派に創る事です。
玄関は「脳」と対応しています。
風水設計では、
「健脳住宅」を提案する事ができます。
風水では、
「暗い」 「臭い」 「汚い」
 の3Kを良くない事と判断します。
「整理」 「整頓」 「清潔」
を日常の暮らしの中で心掛ける事が大切です。
風水は単なる占いや迷信ではなく
て環境情報学であり、
大脳生理学でもあるのです。
住まいは身体と対応していることをご理解ください。

(住まいの東洋医学)
私たち人間の心身は
あらゆる生命体と同様、環境に影響されます。
つまり環境が乱れれば
私たちの心身もまた乱れ様々な病が顕れてきます。
風水波動科学においては
住宅はその家に住む人々の身体と
共鳴現象を起こすものであると捉えています。
その対応関係は以下のようになります。

【向(玄関の向き)脳】

玄関や門は人体において顔や頭部を意味する。
玄関や門は
そこを出入りするたびに人間の生体磁場に影響する。
また、対外的活動力にも大きく影響する。
玄関や門が陰気であったり、
暗かったり、汚れていたり、
臭かったり、門かぶりの松があったりすると
その家に住む人の活動力が奪われ、
徐々に生気を失っていく。
こうした家は、相続する者がなくなってしまったり、
絶家となる運命をたどることも多くあります。
慢性の頭痛持ちの人や
活動力のない人が住まう家の多くが、
玄関や門の陰陽のバランスや
気の流れが整っていないものである。
玄関や門の磁場が狂っている場合は、
最も思考や脳に異常をもたらす。
判断ミスによる交通事故や災難も、
生体磁場の狂いによって発生しやすいです。

【炉位(ガスコンロの位置・配色)】
【大腸・小腸】

ガスの火は酸素を必要とし、
その火のエネルギー波は食物に吸収され、
腸壁から吸収され、人体に入っていく。
特に主婦の情緒、感情、判断力に影響力を及ぼす。
消化器系に対応している。

【炉向(ガスコンロの向き)大腸・小腸】

条件反射能力、環境適応能力、対人関係に影響を及ぼす。

【角位(家の中心から見た玄関の位置)大脳・脾臓】

人間の、特に主婦の生理と心理に影響を及ぼす。

【ダイニングルーム(位置・配色)胃】

家庭内の親睦、愛情、親子関係、体力、感情に影響を与える。
角のないダイニングテーブルで
食事をすれば会話ははずみやすく親子は円満に向かい、
ダイニングルームに暖色系の色を使うことで、
食欲を増進させる。
食べ過ぎるきらいがあれば
寒色系や暗めの色にすると調整される。
身体において胃腸、消化器系に対応している。
ダイニングルームが狭い家に
住む人の多くに腰痛が顕れやすい。

【リビングルーム (肝臓)】

玄関に入って
すぐにリビングルームが広がっている住居は、
身体の回復力が高い住まいとなる。
リビングルームは肝臓機能と対応し、
広くゆったりとしたリビングにいるだけで疲れを癒し、
人間の意識を深めることができる。
ベージュ系の落ち着いた色は
身体をリラックスさせ、心身を整え、
親子を円満に導く。活力のない人間が多ければ、
少し明るめの色彩にすることで活力はやってくる。

【寝室、ベッドの位置・向き(心臓)】

体力、気力、パワーそのものとかかわっている。
また夫婦円満、子孫長久に向かうかどうかにも影響する。
身体の中では、心臓に対応している。
生気、天医、延年の位置に寝ると
生命エネルギーそのものが高まって
運命の流れを変えることができる。
寝室を薄いピンク系、
暖色系のインテリアにすることで
ゆっくり休むことができ、
熱性の病気の時にはうすい水色系にすれば早く回復する。

【寝室、ベッドの位置・向き(心臓)】

体力、気力、パワーそのものとかかわっている。
また夫婦円満、子孫長久に向かうかどうかにも影響する。
身体の中では、心臓に対応している。
生気、天医、延年の位置に寝ると
生命エネルギーそのものが高まって
運命の流れを変えることができる。
寝室を薄いピンク系、
暖色系のインテリアにすることで
ゆっくり休むことができ、
熱性の病気の時にはうすい水色系にすれば早く回復する。

【子供部屋・机の位置】(間脳)

子供の成育能力、知能、意識、親子の愛とかかわっている。
勉強机を使う時、
ドアを背にして座っていれば学習能力は落ちる。
無意識のうちに背後を恐れ身構えてしまい、
副腎髄質からノルエピネフリン(アドレナリンの一種)という
ホルモンが分泌され心身の平静さが乱れ、
不安感の強い子供になり、
対人恐怖症になったり、
集中力のない人間になる。
オフィスにおいても同じことが言える。
子供部屋は特に西日のあたる場所は避けるべきである。

【トイレの位置・向き】(腎臓・膀胱)

人体において腎臓、泌尿器系を意味し、
健康と財気に影響を及ぼす。
トイレが陰気で臭気があったり、
また寒い感じがすれば、糖尿病、子宮病にかかりやすく、
トイレで死ぬ人も出やすい。
また次第に財気が逃げ貧しくなるものである。
トイレに立った時、
陽の方向(東から南)に顔が向いた方が良い。
またトイレは人間の内面の働きにも作用している。

【書斎】(左脳・前頭葉)

思考能力や決断力とかかわり、
人間の左脳や前頭葉と対応している。
書斎のない家に住むと、
その家の主人は思考能力が落ちていきやすく、
決断力のない人間になりやすい。

【天井の高低】(肺)

人体において肺の機能、呼吸器系と対応している。
また肺の機能が高ければ人間意識も深まっていく。
天井の低い家に住まう人は、
肺や呼吸器を圧迫し、人間意識も低くなる。

【住居のデザイン性】(右脳)

人間の感性、感受性、創造性と対応している。
デザイン性の高いものは人間の向上心を高め、
生活の機能そのものを高め、合理性をも生む。
つまりデザインは、
その人の精神性と対応しているのである。

【光・照明】(右脳・第三脳室)

知性、人間性そのものと対応し、
愛を端的に表現している。
蛍光灯は人間味を奪い、
白熱灯は愛やぬくもりをもたらす。
蛍光灯の電磁波は白熱灯よりもかなり強く、
人体細胞をゆるめてしまい、
思考能力そのものを奪ってしまう。
光と陰のコントラストは右脳の発達を助け、
人間性や精神性意識をも高める。
目に悪いものは何であれ、
直接的に脳障害を起こしやすい。

【風水鑑定】

住居の間取り図が必要となります。
間取り図   
北方向を記し、
居住者の生年月日、
家具の配置等
写真     
玄関や寝、
トイレ等 

鑑定料金 

180分36000円(税別)
延長30分単位で6000円(税別)
風水リフォーム及び
風水新築工事は総工費の10%となっております。

風水住宅プランニング

玄関

玄関は立派に創る。
玄関は気の流入口です。
人間活動の方向性、安定性に大きく影響します。
きれいに整頓された玄関の家は円満になり、
経済力もついてきます。
いかに玄関に入って
くつろげるかどうかが重要なポイントです。

玄関は明るく前・左右の
圧迫感がないことで脳の働きが活性化する。
玄関を入って正面に絵や花をシンメトリーにして飾る。
絵は風景画か花の絵。
花を飾る場合は
赤や黄色を飾ると希望が満ちてくる。
玄関はアロマテラピーなどで良い香りをさせると
心と脳が安定し元気になる。

リビングルーム

リラックスできる、
ゆったりとしたリビングは
一日の疲れを癒し家族のコミュニケーションと
心と身体の免疫力や自然治癒力を高める重要な場所です。

玄関の近くにリビングがあることで
早くストレスから開放され安心感が得られる。
天井が高くスロープシーリング(勾配天井)であることで
気が活発に動き楽しい場になる。
部屋全体が黄色っぽい色彩を使うことで
リラックスし幸福感が得られる。
リビングルームから
2Fへ上がる階段があることで親子関係が良くなる
観葉植物を多めに置くことで
リラックスが起こりやすくなる。

ダイニングルーム

親子が円満になり、
食欲がわいて食事が楽しくなり
会話がはずむことが大切です。
楽しいダイニングルームは
良い家庭を築くことができます。
テーブルやインテリアは楽しく食事ができる、
ストレスを和らげる色彩やデザインを選びます。
角のないダイニングテーブルは心を優しくし
鏡面仕上げのダイニングテーブルは
気を活性化し食事を楽しくさせます。
ダイニングルームに大きめのミラーを取り付けることで
食卓を賑やかにして
コミュニケーションを高めることができます。
ダイニングルームの床や足元が
暖かいことで胃腸の消化吸収能力が高まります。

キッチン

キッチンルームが寒いと
料理する人の健康状態を悪くします。
家庭の主婦の情緒と健康状態が
最もかかわっている場所がキッチンです。
キッチンはU字型にすると
使いやすくストレスが少ない。
キッチンに床暖房を入れて
足元を暖かくすることで血液循環が良くなる
電磁調理器を使わずガスコンロにすると良い。
なぜなら火力で調理した料理のほうがおいしく、
おいしい料理は家庭を円満にすることができる
(老人の一人暮らしの場合は安全のため電磁調理器が良い)
キッチンの色は暖色系やパステルカラー・
ナチュラルな感じの木質系が良い。

洗面・バスルーム

バスルームは人体において
肝臓、血液循環、自律神経、
副交感神経系とかかわっています。
また、水回りなので財気に関係します。
清潔で圧迫感がない洗面バスルームは
精神的ストレスを除くことができる。
寒色系のバスルームは見た目の温度を下げるため
血管系障害をおこしやすい故に暖色系にしたほうが良い。
脱衣ルームとバスルームとの間に段差がなく
温度差が少ないことで
自律神経を興奮させないですむ。
足が伸ばせるサイズのお風呂は
人間にくつろぎを与えることができる。

トイレ

トイレは身体においては腎臓、膀胱に関係し清潔で
くつろぐトイレは副交感神経の働きを良くする。
くつろげる窮屈感のない広めのトイレは
副交感神経の働きを高めることができる。
設備が立派であると財運をもたらすことができる。
トイレの色彩は刺激の少ない落ち着いた色にすることで
排泄機能を高めることができます。
良い趣味の花や絵やミラーをバランスよく
配置することでくつろぎを与えることができる。

階段・廊下

空気の流れを上下左右に
つなぐところである故に圧迫感がなく、
明るく、よどみがないことで
心や身体を元気にすることができます。
階段に蹴込み板がないと気がすかすかになって
逃げてしまうため必ず板があること。
階段に踊り場があるか緩やかな階段であることで
危険を取り除き安心感を与えることができる。
リビングから階段がついていることで
家族の人間関係を良くすることができる。
廊下をなるべく短くして有効スペースを
大きくすることができれば部屋が大きく見える。
廊下や階段が明るいことで気の流れが良くなり
家運を高めることができる。

寝室

寝室全体は人体において
心臓、血液循環、体力、気力と関わっています。
寝室の生命場が乱れていれば
寝ている間に乱れた情報が
全身に入り込んでしまいます。
故に、どこで、どんな空間で
どのような状態で寝ているかが重要です。
頭の上が壁であると安心して良く眠ることができる。
クロスの色彩や模様が
落ち着いていることで深い眠りを得られる。
ゴージャスで落ち着いた寝室に寝ていると
人間を豊かにしリッチな気分にさせる。
遮光性の高いカーテンを使用し光を防ぐことで
安眠が得られメラトニンの分泌を増やすことができる。
安眠が得られる寝室は
心臓や血液循環を良くすることができる。

子供部屋

子供部屋は単なる部屋であってはならない。
将来の子供の人間性が高まるように
感性あふれる室内環境にすると良い。
さらに集中力が高まり
学習意欲がわくような部屋を創ることが必要である。
右脳を活性化させると
ストレスやプレッシャーに強くなる故に
デザイン性の高い部屋は
右脳を活性化させることができる。
ドアを開けてすぐに机が目に入るようにすることで
自然に勉強するようになる。
(人間は最初に目に飛び込んできたものに誘導される)
足元が冷えるとイライラし
集中力を失うため足元を暖かくすると良い。
色彩感覚が豊かな部屋にすることで子供の情緒を整え
右脳を活性化させることができる。

夫婦の主寝室

夫婦の主寝室の状態は家族や夫婦の円満さとかかわり、
ゆったり精神的にも
身体的にもくつろげやすらぐことができる
寝室であれば健康状態を良好に維持することができる。
夫が寝に帰るだけの家にしないことが大切です。
夫婦二人だけの時間が持てる場があること(前室)で
互いの理解を深めることができる。
リッチな気分で眠れるような
寝室であれば目覚めがよくなる。
やすらぎのある、動きのすくない色彩を使うことで
寝ている間にストレスを取ることができる。
間接照明を多用して
照度を抑えることで眠りを深くすることができる。

和室

和室が貧相であると
来る客も財気のない人ばかり集まってきます。
和室の風水が整っていれば
レベルの高い人が自然にやってきます。
照明は蛍光灯を使わず白熱色を使い
ぬくもりや温かさを演出すると人が集まってくる。
心が静まり気が整うように
床の間は畳床にすると財運が高まってくる。
和室は正方形にすると良い気が集まってくる。